LinQ原直子マラソンチャレンジ

第4回目 インナーマッスル&寝る前のボディメンテがおすすめの巻

※アミノバリュー4,000は6月より機能性表示食品としてリニューアルしております。

アミノバリュー&ボディメンテで、コンディショニングアップに挑戦!
走りに必要なアドバイスと体に必要な栄養素をしっかり吸収して、
いよいよ来月開催の「おかやまマラソン2017」で、4時間台の完走をめざします!!

いよいよトレーニングも4回目!
今回も信川さんが応援に来てくれました。

「原さん、最近コンディションはどうですか?(信川さん)」
むふふ、いいですよ♪
「タイム、伸びてる?(信川さん)」
タイムというより、走る距離を伸ばしました!
「おおお!じゃあ、着々とレベルは上がっているわけですね!(信川さん)」
はい!上がっていると、思います!
「おお、楽しみ~♪(信川さん)」

今回のコーチは、トータル・ワークアウトのパーソナルトレーナーの下山さんです。

トータル・ワークアウト パーソナルトレーナー 下山英明さん

・トータル・ワークアウト マネージャー
・指導歴10年以上。
・トレーニングを通して、一般の方が体の変化を喜んでくれたり、アスリートのみなさんに良い結果が出た時などが最高に嬉しいそうです。



「トレーナー歴は10年ちょっとですが、本日はしっかり原さんの体を変えたいと思っています。よろしくお願いします。(下山さん)」

1回のトレーニングで体って変わるものなのでしょうか?

「大丈夫!今日覚えたことをしっかり意識して、積み重ねていくことによって徐々に変わっていきますので、ぜひ期待しておいてください!(下山さん)」

はい!なんだかワクワクしてきました!

というわけで、いよいよ来月に迫ってきた「おかやまマラソン2017」!!!
泣いても笑ってもあと1ヵ月!
そんな私が4時間台で完走するために今最も必要なトレーニング方法やコンディショニングについてうかがってみました。

「今からですと、残り1ヵ月ということで逆にがんばり過ぎてしまってコンディションを崩してしまう方も多いんです。ですので、まずは今現在の走り方をチェックして、正しく走れているのかどうかを再認識してみた方が良いと思います。(下山さん)」

フォームの確認ですね!

「フォームの改善からできることを増やしていったら、残り1ヵ月でも十分パフォーマンスも上がっていくと思っています。(下山さん)」

分かりました!なんだかヤル気もわいてきました!

「ところで下山さん。原さんをパッとみて、マラソン4時間台で走れそうな雰囲気ありますか?(信川さん)」

「そうですね~。ウエアの上からだと何とも言えませんが、骨盤の位置が少し正しい位置ではないのかな?というところがちょっと気にはなっています。(下山さん)」

エ~ッ!?骨盤の位置が正しくない!?なんだかショック・・・。

「大丈夫です!今日はその点も含めてインナーマッスルを意識したトレーニングをしていきたいと思います。ちょっとした積み重ねが大切ですので、がんばりましょう(下山さん)」

はい!がんばります。

インナーマッスルとは、体の中心部に近い筋肉の総称で深層筋とも呼ばれているそうです。ココを鍛えることによって走る姿勢が良くなったり、膝や足首の負担も軽減できたり、なんと太りにくい体にもなるそうです。
後ほど、腹筋などインナーマッスルを鍛えるトレーニングにチャレンジします。

さて、その前に
4時間台で走るために気をつけなければいけないことは何でしょうか?

「原さんはフルマラソンは今度で2回目ということですよね。フルマラソンで多くの方にみられる傾向としてあるのが、前半飛ばしてしまって30キロ以降にペースがダウンして結果的に記録が伸びなかったという残念なケースです。ですから一般的には前半をできるだけ抑えて走って、後半にペースダウンしないようにもって行ければ、と現時点では思っています。(下山さん)」

そうなんです!
確かに前半は周囲のペースに巻き込まれるんですよね~。後半にバテないようにスタミナ配分に気をつけて走りたいと思います。

さて、トレーニング後のコンディショニングについても教えていただきたいのですが・・・。
というのも、私はどうしてもトレーニング後って、ゴロゴロしてしまうんですよね~。

「え!?トレーニング後にゴロゴロ!?(信川さん)」

「あはは。トレーニン後はフィジカル面では、アイシングなども必要ですし、食事面ではタンパク質が重要になってきます。特にアミノバリューを飲むことで体の回復に必要とされているタンパク質を効率的に補給できるので、トレーニング後はゴロゴロする前にアミノバリューを摂ると良いですよ。(下山さん)」

安心しました(笑)。
実はゴロゴロしながらちゃんとアミノバリューを飲んでいるんです♪

ボディメンテはいつ摂るのがおすすめですか?

「私が体感しているのは寝る前ですね。(下山さん)」

寝る前ですか?

「はい。腸には、腸が活発に動いたり、栄養吸収を促してくれるゴールデンタイムと呼ばれる時間帯があるんです。寝る前にボディメンテを摂ることにより体に大切な乳酸菌を吸収できるので、その結果病気になりにくい体づくりにつながります。実際に、トレーニングは体を追い込みますので風邪をひいたり、コンディションを崩しやすくなるんですけれども、私はボディメンテを摂っているおかげで体調がかなり良いですね。寝る前に摂るというのが、私の中ではおすすめです。(下山さん)」

どのくらいのペースで摂るのがおすすめですか?

「私の場合は、1日1袋で実感できています。原さんは来月フルマラソンを控えているので、特に毎晩摂った方がコンディションには良いと思います。(下山さん)」

下山さんからのアドバイス、まとめ

・後半ペースダウンしないために、前半に飛ばし過ぎないこと。
・インナーマッスルを意識したフォームを心がけること。
・トレーニング後はアミノバリューを摂って体の回復を。
・ボディメンテは寝る前に摂るのがおすすめ。

では、いよいよインナーマッスルを鍛えるトレーニングにチャレンジします!
まずはフォームのチェックをしてもらいました。

「正しく走るためには、外側の筋肉だけでなく腹筋などのインナーマッスルを使って走ることが大事。そうしないと膝や足首に負担がかかりやすくなるんです。(下山さん)」

次に「レッドコード」という、トレーニングポイントに移動しました。

「実際にマラソンをするときは外の筋肉を使いますが、インナーマッスルを鍛えた方が効率よく走ることができます。このレッドコードは全身を吊るした状態で外の筋肉を使わない工夫により、腹筋をはじめ腸腰筋、内転筋などのインナーマッスルにアプローチしていくためのトレーニングです。(下山さん)」

なんだか無重力状態になったような不思議な気分・・・。
腹筋はすぐに意識できましたが、腸腰筋や内転筋は最初?の状態でした。けれど下山さんに足を動かしたりしてもらっているうちに、自分でもインナーマッスルがどこにあるのかだんだんと意識できるようになりました。

そこで、レッドコードの成果をハードルで試してみました。
インナーマッスルを意識しながら、ゆっくりと片足を上げてハードルをクリアします。左右交互にやってみました。

・・・お!お腹にきます!

「正解です。体の軸がしっかりしてくると膝や足首に負担をかけずに走ることができるようになりますよ。(下山さん)」

最後に、再びフォームをチェック!

走る時に、足だけで前進しようとするのではなく、全身を使って走る!
ポイントは腕の振り!もっと腕を後ろに引く!
もう少し前傾姿勢を意識して!
下山さんのアドバイスを受けながら、フォームを改善していきました。

そして、最初と指導後のフォームを映像で比較してみると・・・
かなり姿勢が変わっている!!!

「ゆっくり手を振れば振るほど、ストライドも自然についてきます。(下山さん)」

確かに腕を大きく振ることで足も大きく前に進んで行きます!
腕の振りって大事なんですね~!

「残りあと1ヵ月ということで、本日ちょっとだけ腹筋の使い方や鍛え方もアドバイスさせていただいたんですが、本番までできるだけ毎日少しでも意識して続けて行くと結果が違ってくると思います。参考にしていただけたらなと思います。がんばってください!応援しています!(下山さん)」

ありがとうございます!

いよいよ「おかやまマラソン2017」まであと1ヵ月!
最初は飛ばさずに30キロ地点からが勝負です!後半スピードダウンすることなく、しっかり腕を振りながら前傾姿勢でゴールをめざす!

本番の「おかやまマラソン2017」は目前です!
フルマラソン6時間台から4時間台、達成なるか!?

4時間台で無事に完走するためにも、インナーマッスルを意識した腹筋トレーニングと寝る前のボディメンテでコンディショニングを整えて行こう!
それと、トレーニング後のアミノバリューも引き続きがんばろう!

下山さん、ありがとうございましたー!!!

福岡スポーツ宣言 by 大塚製薬
次回はいよいよフルマラソンにチャレンジ!
お楽しみに♪

※アミノバリュー4,000は6月より機能性表示食品としてリニューアルしております。

体験レポート