LinQ原直子マラソンチャレンジ

第3回目 週2の高強度と直後のボディメンテがカギの巻

※アミノバリュー4,000は6月より機能性表示食品としてリニューアルしております。

アミノバリュー&ボディメンテで、コンディショニングアップに挑戦!
走りに必要なアドバイスと体に必要な栄養素をしっかり吸収して、11月に開催される「おかやまマラソン2017」で、4時間台の完走をめざします!!

今回のコーチは、ビーライン小笹店のトレーナーの竹中さんです。
専門分野は水泳競技で種目はバタフライだそうです。
水泳歴30年以上という竹中さん。確かに厚そうな胸板です。
今回はスタジオを飛び出して信川さんも来てくれました。

ビーライン小笹店 トレーナー 竹中周作さん

・ビーライン 指導部長
水泳歴30年以上の本格スイマー。
・パーソナルトレーナーとして、約500名の女性のトレーニングを指導中。



いよいよ近づいてきた11月の「おかやまマラソン2017」!!!
4時間台で完走するために今の私に必要なことについてうかがってみました。

「フルマラソンは、LSD(Long Slow Distance:ロング・スロー・ディスタンス)という長くゆっくり距離を稼ぐトレーニングが一般的ですので、今日はその反対のHIIT(High-intensity interval training:ハイ・インティシティ・インターバルトレーニング)。つまり高強度インターバルトレーニングを実践してみましょう。(竹中さん)」

高強度インターバルトレーニングとは?

「高強度インターバルトレーニングとは、一瞬キツくして、休んで、またキツくして、これを繰り返すトレーニングです。
比較的短時間で同等またはそれ以上の効果を狙えます。
LSDを毎日すると同じ箇所に疲労がたまってくるので、LSDをしたら翌日はHIITみたいな感じで取り組んでみるのがおすすめです。(竹中さん)」

「確かにいつも同じトレーニングをするより、日替わりの方が飽きないし、時短で良いよね。(信川さん)」

とはいえ高強度というくらいなので、きっと超ハードなトレーニングなのだろうと想像しつつ・・・。具体的な中身についても聞いてみると。

「食べ物と一緒で献立が大事です。この食べ物がものすごく良いということで、毎日同じものばかり食べていると限られた栄養素しか摂取できませんよね。トレーニングも同じです。できればいろいろなメニューの中から、最低でも一週間、一カ月というように献立を組んで計画的に行うのがベストです。(竹中さん)」

「原さんはこれまで無計画だったということ、ですかね?(信川さん)」

「もったいないですね(笑)。週間や月間の計画を立てて取り組むというのは、トレーニングの第一歩です。(竹中さん)」

「今日を機会に、無計画な女から計画的な女に変わらないと、4時間台は無理ですよー!」と満面の笑顔で檄を飛ばす、信川さん。

そうですね。このタイミングで気付けて良かったです。
では、そのキツめの時短トレーニングはどれぐらいの頻度でやれば良いのでしょうか。

「最低でも週2回。超回復といって、体が回復するまでに48時間から72時間、2、3日はかかります。ですから、月、木とか、週2回くらい行えば、筋力量も増えてくるし、トレーニングの効果が出やすいと思います。(竹中さん)」

トレーニングは後ほどするとして、トレーニングをした後のコンディショニングのポイントについても聞いてみました。

「トレーニングそのものが成果を上げるのではなく、トレーニング後、体が回復をしてはじめて成果がでるんです。回復することが一番大事。どうやったら一番回復できるか。そこから逆算して回復できる量のトレーニングを行う。これが継続的に成果を出す最大の方法です。
あ、これは僕の敬愛する武井壮さんが言ってたことでもあるんですけど(笑)。(竹中さん)」

「なるほど!そうかもしれない!体をいじめれば良いってもんじゃなくて、そこから回復した状態が大事なんですね。(信川さん)」

「そうなんです。自分が回復できる量以上のトレーニングをしてしまうとケガをする可能性が高くなります。コンディションを考える上でも、オーバートレーニングよりも、自分が回復できる量をトレーニングしていくことが大切なんです。(竹中さん)」

高強度インターバルトレーニングとは?

コンディションを整えるにはどんな方法があるのでしょう?

「自分のバロメーターを持つことです。例えば、朝起きたときに脈拍数や体温を毎日測ること。そうすることで自分の調子が良いときと悪いときの違いを知ることができます。その結果、コンディションが悪い日にがんばりすぎたり、逆にコンディションが良い日にがんばり切れなかったりする日を無くしていけます。基本的に、睡眠、栄養、休養、この3つのバランスがとれていないときちんとしたコンディションができないと思っていますので、寝る時間も、食べる時間もなるべく一定にするということが重要ですね。(竹中さん)」

うーむ。できてないな、私。。。

「コンディションが良くないと、トレーニング内容も計画通りに進まないですもんね。(信川さん)」

「そうなんですよ。あくまでコンディションを整えることは前提であって、それからようやくトレーニングができる、というスタンスですから。(竹中さん)」

「無計画で自分を知らない・・・それって無謀ってことでは???(信川さん)」

ああ、耳が痛い・・・。
いかに自分が無計画で土台がなってないかを痛感しました。

「まあ、ほとんどの方はそんな感じです。きちんと計画立ててトレーニングをしているのは一部のアスリートくらいだろうと、みんな思いがちなんです。でも、それこそが一般の方が成果を出しづらい要因でもあるんですよね。(竹中さん)」

なるほど!
きちんと計画立ててやれば、より目標に近づけるということですね!ちょっと希望が見えてきました。

「コンディションをただ整えるというよりも、整えてくれる何かがあればすごく良いですよね?(信川さん)」

「もちろん!ストレッチや食事、睡眠を基本にしつつ、それ以外のところで、プラスアルファができるというのは大きいと思います。(竹中さん)」

やったー!
大塚製薬のアミノバリューとボディメンテゼリーを活用することで、さらに希望が見えてきましたー!

「運動の30分前にアミノバリューを摂取して、なるべく疲労を和らげる。そうすることによってすでに翌日のトレーニングを視野に入れた状態で今日のトレーニングに取り組むことができます。週間計画、月間計画を狂わせないためにも、日々の疲労を和らげることが大事です(竹中さん)。」

ボディメンテの活用方法についてはいかがでしょうか。

「トレーニング直後は、ボディメンテが役立ちます。形状がチューブタイプになっていますので飲みやすいです。私はプールでトレーニングをした後、シャワーを浴びる前にすぐに飲みます。
今までだったら着替えてから飲んでいましたが、この数分間の差がものすごく大きいんです。(竹中さん)」

エエエエ~ッ!!!!!改めて驚く信川さんと私。

「なるべく早く摂った方が良いので、トレーニング直後に飲むのがおすすめです。選手の方々は、メインのトレーニングが終わったら、すぐにボディメンテを摂取しています。それもこの形状と大きさとが可能にさせていると思います。(竹中さん)」

直後がカギなんですね!分かりました、これからは終わったらすぐ飲みます!
着替える前に!シャワーを浴びる前に!メイクする前に飲みます!

「全国区の選手たちは、クールダウンの前に飲んでいますね。アミノ酸も入っているので、なるべく早い摂取が筋肉のケアに役立ちます。(竹中さん)」

竹中さんからのアドバイス、まとめ

・自分の回復力に合ったトレーニング量を心がけること。
・週2の高強度インターバルトレーニングを取り入れること。
・トレーニング30分前にはアミノバリューを摂ること。
・ボディメンテは、トレーニング直後に摂ること。

ビーラインには多彩な油圧(加圧)トレーニングマシンがありますが、
今回は、日頃しない動きをするためにボート漕ぎマシンで、高強度トレーニングにチャレンジ!

「本日はHIITトレーニングでも有名な高田プロトコルを試してみましょう。20秒がんばって、10秒休むのを8セットです。(竹中さん)」

どのくらいのスピードで漕げば良いのでしょうか?

「全力です!8セットクリアできる体力を考えながらやってはいけません。とにかく全力で!(竹中さん)」

20秒間全力で漕いで、10秒休憩×8セット。
スタート!!!

「この運動は上半身と下半身を連動で動かすことができるので、背中や腿の裏に効きますね。はい!2セット目スタート!(竹中さん)」

20秒間、全力で漕いで、10秒休憩を繰り返すこと、4回。
やっと折り返し・・・。
20秒間の長いこと長いこと・・・。
10秒間休憩の短いこと・・・(泣)

折り返しからが、もう言葉にできないくらいキツかったです。
7セット目あたりに「自分に負けないでッ!」と竹中さんの励ましが聞こえ、
信川さんやスタッフのみなさんの応援を励みになんとか8セット目、終了~!
キツイッ!かなりキツイッ!劇的にキツイッ!

ここで素早く、ボディメンテを摂取!
こんなにハードなトレーニングの直後でもさっぱりしてて飲みやす~い。
ありがとう、ボディメンテ♪

「これからは、週間や月間の計画を立ててがんばろう!(信川さん)」

・・・ヘロヘロなまま、深くうなずく私。

本番の「おかやまマラソン2017」は目前です!
フルマラソン6時間台から4時間台、達成なるか!?

絶対達成するためにもトレーニング前のアミノバリューとトレーニング直後のボディメンテでコンディショニングを整えて、がんばるぞー!

竹中さん、ありがとうございましたー!!!

福岡スポーツ宣言 by 大塚製薬
次回もお楽しみに♪

※アミノバリュー4,000は6月より機能性表示食品としてリニューアルしております。

体験レポート