LinQ原直子マラソンチャレンジ

第一回目 名門陸上部でフォームの改善にチャレンジ!in福岡大学

※アミノバリュー4,000は6月より機能性表示食品としてリニューアルしております。

アミノバリュー&ボディメンテで、コンディショニングアップに挑戦!
走りに必要なアドバイスと体に必要な栄養素をしっかり吸収して、今年の秋に開催されるマラソン大会で4時間台の完走をめざします!!!

そのためにも、まずはランニングフォームを徹底チェック!!!
ということで、先日、私の母校・福岡大学の陸上部におじゃまして、
陸上競技場でピッチの刻み方や腕の振りなどいろいろとアドバイスを受けてきました。
そして今回はアスレティックトレーナーの松田さんに日々のコンディショニングについて、指導していただきました。

今回のコーチは、アスレティックトレーナーの松田さんです。
どうすればアスリートたちがケガをしないようにできるのか、ケガをしないためにはどういうトレーニングが良いのかなど、日々のライフスタイルをはじめ、アスリートのコンディションづくりの指導&サポートをされている、スポーツコンディショニングのプロフェッショナルです。

スポーツコンディショニングプロモーション・JIN  代表 松田孝幸さん

・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
・東福岡高校ラグビー部、法政大学ラグビー部トレーナー
・オリンピックチーム帯同など多数のアスリートを指導&サポート



アスリートたちのケガの予防に重点を置く日本有数のアスレティックトレーナー。本来は病院でケガをした選手たちを治療するスポーツ理学療法士でもある。

以前私が参加した福岡マラソンでのことをお話しすると「初めてのフルマラソンで完走&6時間台はなかなか立派なものですよ」と松田さんからほめていただき、がぜんやる気が出てきました!
そこで、フルマラソンを4時間台で走るために今の私に必要なコンディショニングについてうかがってみました。

「マラソンは、ずっと走り続ける持久力勝負のスポーツです。日々どれだけ走り込んできたか、毎日の積み重ねがものをいいます。選手でいえば、毎日何キロ走ったか、月どのくらい走ったかなどの積み重ねが記録につながっていく競技なのです。(松田さん)」

毎日しっかり走り込むためにも、日々のコンディショニングがなによりも重要とのこと。
私の場合、まだまだ全然調整できていないので、これからたくさん練習しないといけませんが、日々の練習を助けてくれて、コンディショニングを整えるのにもってこいなのが、私のお守り!大塚製薬の「アミノバリュー」と「ボディメンテ」なのです!

松田さんは通常は子どもたちを中心に教えているので、実はプロテインやサプリメントにはあまり頼らずに、丈夫な体のためには愛情たっぷりの食事で強くなろう!という指導方針なのだそうです。
しかし!
これから自分の限界を超えて、何かやろうというスポーツになってくると、話は別!
現代において研究を尽くされたサプリメントを有効に活用するのが良いですよ♪
とアドバイスしてくださいました。

本番は今年の秋に開催されるマラソン大会

「これから練習を組み立てていくとなると、走り込みが夏場の暑い時期になるため、まずは脱水症状に注意することが大切です。そこで、練習前後のアミノバリューで上手な水分補給がおすすめです!水分補給は、脱水対策としてだけでなく、体内から消えて行った栄養素の補給をどれくらい素早く吸収できるかという点が大いに重要だからです。
アミノバリューは、体の原点となるアミノ酸をバランスよく摂り入れられるので素晴らしい!(松田さん)」と太鼓判をくださいました。
また「ボディメンテは、既存のサプリメントのようにカラダづくりだけでなく、カラダを守るという点に着目しているのが魅力です。例えば、リスクに備えた体調の維持サポートや運動後のカラダのリカバリーメンテナンスサポートという発想で開発されているので、アスレティックトレーナーとしては、待望の商品です」と、こちらも松田さんから高評価でした。
「ボディメンテ」は、ヨーグルト風味で飲みやすいので、私はいつもトレーニング後のコンディショニング対策に飲んでいますが、アスレティックトレーナー絶賛だったので、さらに嬉しかったです。
ここまで、日々のコンディショニングについてアドバイスをいただいたので、次に、長時間走る上で気をつける点についてうかがってみました。

「マラソンはかけっこと違って瞬発的なスピードではなく、できるだけ自分の力を温存しながら走ることが重要です。
つまり筋肉の力に頼らずにどれだけ体を前に進めていけるかがポイント!
筋肉は使えば使うほど、疲労します。
筋力をどれくらい使わずに、体を一歩一歩、1センチでも前に出せるか、一歩でも多く前に出せるか。それを意識して取り組みましょう!(松田さん)」
と励ましてくださいました。
理想は、前傾姿勢で足を振り子のように、なるべく筋力を使わずに自然に前に出していく走り方だそうです。

ということで、まずは私の歩き方や走り方をチェック!

どのくらい重心を前にもっていける姿勢になっているのかな~???

スムーズに足を前に出していくためには、骨盤の位置が大切なのだそうです。
(骨盤を前に持っていくイメージでと言われるものの、意外と難しい・・・笑)

そこで、関節の固さをチェックしてもらいました。
私の場合、どちらかというと左の方が軸足だそうです。

次に足の伸び方をチェックしました。
何も考えずに、右足から、いっぱいいっぱいまで足を上げて、前へ出す!
次に左足も同様に。

一旦、前へ出した足の位置にマーカーを置き、さらに骨盤の位置を調整し、再度トライ!
あまり何も考えずに、右足から、いっぱいいっぱい足を上げて、前へ出す!
なんと!
先ほどより、前方に5センチ延びました!
これはスゴイ!
たかが5センチ?
いえいえ、フルマラソンでは大きな5センチです!
100歩進めば、5メートルも前進します。
1000歩で50メートル!
10000歩で500メートルも、前進できるというわけです!
この差は、42.195キロともなれば、歴然です!

そして、マラソンは有酸素運動なので、呼吸法も大いに影響します。
松田さんからは、吸うことよりも、吐くことを意識するようにと指導されました。
フッフッフッフと、口から吐き続ければ、自然に鼻から酸素を吸うようになり、より多くの酸素を取り込むことができるようになるそうです。
体内にどれだけ多くの酸素を取り込めるか、それが完走を左右するそうです。

・練習時の適切な水分補給と栄養補給でコンディショニング調整を欠かさないこと。
・毎日の股関節ストレッチで、足の推進力向上を図ること。
・呼吸法を意識して、体内になるべく酸素をたくさん取り込むこと。

最後に、練習で疲れたら、休憩するようアドバイスを受けました。

しっかり休んで、体力が回復したなと思ったら、また練習すれば良いとのことでした。
カラダのリカバリーにはアミノ酸が役立つので、やはりアミノバリュー&ボディメンテは手放せませんね。

フルマラソン6時間台から4時間台へ!

まさに限界を超える、私のチャレンジには、
「アミノバリュー」と「ボディメンテ」がお守りのような存在になってくれそうです!
がんばります!
松田さん、ありがとうございましたー!!!

福岡スポーツ宣言 by 大塚製薬
次回もお楽しみに♪

※アミノバリュー4,000は6月より機能性表示食品としてリニューアルしております。

体験レポート